コーヒーメーカー バリスタ

投稿者: | 2019年5月29日

現在自室にバリスタのコーヒーメーカーを置いて、コーヒーを飲んでいますが、確かバリスタのコーヒーメーカーは以前は専用カプセルタイプだけだったと思います。が、追って専用インスタントコーヒー用のコーヒーメーカーも発売されました。

ここで同じバリスタのコーヒーメーカーでも多く2つに分類できます。

・専用カプセルタイプ
・専用インスタントコーヒー

コストを見るとインスタントコーヒータイプの方が1度の購入で多く堪能できますが、ブラックコーヒーでない限りは、砂糖やミルクを入れる必要ある手間がかかりますがカプセルタイプはそういう印象はありません。

コストを重視するか、手間を重視するかという点が判断基準かなと個人的に考えますが、コスト優先で専用インスタントコーヒー用のコーヒーメーカーを自室では使用しています。

手軽というか短時間でコーヒーが作れるのでよくコーヒーを飲む私にはありがたいです。

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ シンプル レッド SPM9636

新品価格
¥2,449から
(2019/5/29 00:29時点)

ちなみに上記でコーヒーフレッシュではなく、ミルクと表現したのは理由があります。これらは同じではないためです。ネットで調べると結構そのあたり出てきますが、ミルクではないという結論になります。

私もこれは知らずにコーヒーフレッシュを使ってましたが、これを知ったので以後はミルク=牛乳に変えようと考えてます。